院長紹介|東所沢の病院 矢倉内科クリニック

0429455656

診察予約はしていませんが
終了時間15分前(11:45am、18:15pm)までに
お越し下さい。
クレジットカードでのお支払いは
承っておりません。
Foreigners in any language can see a doctor.

院長紹介

矢倉内科クリニック院長 矢倉道泰

ごあいさつ

矢倉内科クリニック院長 矢倉道泰

大学卒業後40年間、勤務医として患者様に接してきましたが、その経験を生かして地域の皆様の「かかりつけ医」として、お役に立ちたいと考えております。なんでも気軽にご相談ください。
全国長寿番付けをみますと、1位は男女ともに長野県、2位は男性が滋賀県、女性は島根県、3位は男性が福井県、女性は沖縄県です。大病院が多く医療レベルが高いと思われている東京は男性が14位、女性は22位です。これは、普段の生活習慣がいかに大切かを物語っています。病気になってからの延命は東京が1位かもしれませんが、すでに遅いという事でしょう。病気にならないためには規則正しい生活をし、食べ過ぎないこと、体を動かすこと、毎日生きがいを持って生活することが最も大切です。

職歴

職歴

昭和50年4月 聖路加国際病院 研修医
昭和55年5月 日本生命済生会付属日生病院 内科
昭和60年9月 国立療養所東京病院 消化器科
平成3年7月 同医長
平成24年4月 独立行政法人国立病院機構東京病院 消化器内科診療部長
平成25年6月 矢倉内科クリニック 開設
平成28年6月 所沢市医師会理事 埼玉県内科医会理事

教育歴

昭和55年~60年 日本生命済生会付属日生病院付属看護学校講師
昭和60年~63年 国立療養所東京病院付属看護学校講師
平成 5年~ 7年 日本社会事業大学非常勤講師
平成 8年~ 13年  国立療養所東京病院リハビリテーション学院講師
平成 16年~18年 明治薬科大学大学院薬学研究科博士課程客員助教授

学位

医学博士

資格

資格

Fellow of American College of Physicians (FACP)(ID 01107257)
Fellow of American College of Gastroenterology (FACG) (ID10245)
日本内科学会総合内科専門医(専門医番号439)
日本肝臓学会専門医(専門医番号2364)、評議員(2014年まで)
日本消化器病学会専門医(専門医番号020447)、評議員(2014年まで)
日本内視鏡学会専門医(専門医番号920182)、指導医
日本神経学会専門医(専門医番号00922)
日本東洋学会専門医(専門医番号91-1253)
身体障害者福祉法指定医
死体解剖資格認定(5917号)

アメリカ内科学会フェロー(FACP)について

アメリカ内科学会フェロー(FACP)について

はじめに

アメリカ内科学会はAmerican College of Physicians (ACP)
と呼ばれ、全米ではアメリカ医師会(AMA)の次に大きな医師の学会です。Collegeと称する学会は資格試験があり一定の要件が充たされて初めて入会が認められる学会です。アメリカでは卒後研修後にAmerican Board of Internal Medicine(ABIM)の試験に合格して初めて「内科専門医」を名乗ることができ、ACPの会員になることが許されます。私は2000年にACP入会を許され、2001年にフェローという称号の上級会員(FACP)になりました。

日本の総合内科専門医とACP

総合内科専門医がACP会員になるのに、東京大学名誉教授の黒川清先生が貢献されました。黒川清先生は東京大学卒業後渡米され、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で内科教授を長く務められた後、帰国され母校の東京大学教授や日本学術会議長を歴任されました。そしてACPからマスター(MACP)という称号を授与されています。アメリカ生活が長かったこともあり、ACPの理事の方と親しい間柄であったため、たまたま日本内科学会の理事長を務められた際にACP側と折衝され、日本の総合内科専門医はABIMの試験合格者と同等の高いレベルを有する内科医であるいう趣旨の提案をされ認められました。1200名の日本人会員がいます。

日本支部(Japan Chapter)

2003年に日本支部設立が認められました。初代の支部長(Governor)は黒川先生、二代目は島根大学の元学長・名誉教授の小林祥泰先生、三代目は上野文昭先生(大船中央病院名誉顧問)そして四代目は2019年から上尾市で開業されている前田賢司先生が務められています。前田先生は日本支部設立にも貢献され、また毎年ACP年次セッションに参加され現地で行われる「日本支部レセプション」のお世話をしてこられました。

ACP年次セッション

この年次セッションの一番の特徴は日本の学会のような形式ばった会ではなく、内科医が日常診療で必要なテーマを最優先しています。そして数百のlectureから自分の聴きたいものを選んで参加できるようになっています。少人数予約制の実技もあり丁寧に教えてくれます。また、新たにマスター(MACP)やフェロー(FACP)になられた米国人や日本をはじめとした外国人の認証式(Convocation Ceremony)が行われます。金色の房の付いた帽子(collegiate cap)や黒いガウン(regalia)をまとって行進する厳かな式です。

診察風景

診察風景

主な論文

1. 脳血管障害とrisk factor
矢倉道泰、他 日生病院医学雑誌, 10:113-121, 1982.

2. 咽喉頭異常感症に対する半夏厚朴湯の使用経験
矢倉道泰、他 日生病院医学雑誌, 11:23-26,1983.

3.Usefulness of Percutaneous Transluminal Angioplasty for Aortitis Syndrome
MICHIYASU YAGURA, et al Archives Internal Medicine,144:1465-1468, 1984.

4.脳梗塞と心筋梗塞の合併例
矢倉道泰、他 日生病院医学雑誌, 13:25-30, 1985.

5.INTRAFAMILIAL TRANSMISSION OF HEPATITIS C VIRUS
HIROSHI KAMITSUKASA,MICHIYASU YAGURA,et al
THE LANCET,2:987, 1989.

6.Allotype Study of Primary Hepatocellular Carcinoma
MINORU FUJIMORI,MICHIYASU YAGURA、et.al
CANCER RESEARCH,51:89-93, 1991.

7.Predictor for response to ursodeoxycholic acid in chronic hepatitis C patients
M.Yagura,et al Hepatology Research, 14:18-25, 1999.

8.Interferon treatment in patients with chronic hepatitis C with normal ALT activity
M.Yagura,et. al Hepato-Gastroenterology,46:1094-1099, 1999.

9.動物細胞由来遺伝子組み替えHBワクチンとヒト血漿由来HBワクチンの接種効果の比較-5年間の観察成績から
矢倉道泰、他 日消誌,96:21-28, 1999.

10.Changes of liver fibrosis in chronic hepatitis C patients with no response to interferon-α therapy: including quantitative assessment by a morphometric method
M.Yagura,et. al J of Gastroenterology,35:105-111, 2000.

11.Amantdine therapy for chronic hepatitis C patients
M.Yagura,et.al J of Gastroenterology,36:759-763, 2001.

12.Does the control of alanine aminotransferase levels lead to a regression of liver fibrosis in chronic hepatitis C patients ?
M.Yagura, et al Hepatology Research,19:144-157, 2001.

13.Intraspousal transmission of hepatitis C virus occurring after 42 years of marriage-No relation to HCV RNA titers
M.Yagura, et al Am J of Gastroenterology,97:2925-2927, 2002.

14.Circulating KL-6 level at baseline is a predictive indicator for the occurrence of interstitial pneumonia during interferon treatment for hronic hepatitis C
H.Tokita,M.Yagura,et al Hepatology Research,26:91-97, 2003.

15.C型慢性肝炎に対するIFN治療後10年経過例の検討
矢倉道泰、他 肝臓,45:192-201, 2004.

16.Factors regarding increase of platelet counts in chronic hepatitis C patients with sustained virological response to interferon – Relation to serum thrombopoietin levels.
M.Yagura, et al Hepatology Research,33:211-215, 2005.

17.Late Liver-related Mortality From Complications of Transfusion-Acquired Hepatitis C.
H.Kamitsukasa,M.Yagura, et al Hepatology, 41:819-825, 2005.

18.Risk factors for the development of hepatocellular carcinoma among patients with chronic hepatitis C who achieved a sustained virological response to interferon therapy.
H.Tokita,M.Yagura,et al J of Gastroenterology and Hepatology,20:752-758, 2005.

19.Allotype Study of Primary Hepatocellular Carcinoma
MINORU FUJIMORI,MICHIYASU YAGURA, et al
CANCER RESEARCH,51:89-93, 1991.

20.Heterogeneity of Hepatitis B Virus Genotype D in Japan.
Michitaka K,Yagura M,et al Intervilology,50:152-155, 2007.

21.Comparative study of laparoscopic and clinical findings between AL-LC and NASH-LC
M.Yagura, et al Hepatology International,1:220, 2007.

22. 肝細胞癌の年代別発生傾向
矢倉道泰、他  肝臓,48:598-603, 2007.

23.Re-evaluation of the serum aminotransferase upper normal limit in chronic hepatitis C patients
M.Yagura, et al. Internal Medicine,49:525-528, 2010.

24.Evaluation of risk factor for the development of cirrhosis in auto-immne hepatitis in Japanese: NHO-AIH prospective study
K.Migita, (M.Yagura, et al NHOSGL) J Gastroenterology,46:56-62, 2011.

25.Genome-wide Association Study Identifies TNFSF15 and POU2AF1 as Succeptibility Loci for Primary Biliary Cirrhosis in the Japanese population
M.Nakamura,M.Yagura, et al Am J of Human Genetics,91:721-728, 2012.

26.Hepatits B virus strains of subgenotype A2 with an identical sequence spreading rapidly from the capital region to all over Japan in patients with acute hepatitis B
Y.Tamada,(M.Yagura, et al NHOSGL) Gut,61:765-773, 2012.