無呼吸症候群をご存知でしょうか?|東所沢の病院 矢倉内科クリニック

0429455656

TOPICS

無呼吸症候群をご存知でしょうか?

眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。10秒以上の無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、SASです。この病気があると高血圧、糖尿病、心臓病など様々な成人病に影響を及ぼします。ぜひご家族やパートナーに睡眠状態を聞いてみてください。「間欠的低酸素血症」と「睡眠の分断による交感神経の亢進」の2つが大きく関与していると考えられます。以下の症状があり内服しても治らない方は一度、御相談下さい。

心臓病、高血圧、糖尿病など様々なリスクが増加
SASには、様々な生活習慣病が合併します。

寝ている間
・いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる
・呼吸が止まる
・呼吸が乱れる、息苦しさを感じる
・むせる
・寝汗をかく

起きたとき
・口が渇いている
・頭が痛い、ズキズキする
・熟睡感がない
・すっきり起きられない
・身体が重いと感じる

起きているとき
・強い眠気がある
・だるさ、倦怠感がある
・集中力が続かない
・いつも疲労感がある

痩せているからといって安心は禁物
SASは、太った男性だけではなく痩せていても、女性でもかかる病気です。それは、顔や首まわりの形体的特徴がその発症と強く関連するためです。SASになりやすい形体的特徴は首が短い、首が太い、まわりに脂肪がついている、下あごが小さい、小顔、下あごが後方に引っ込んでいる、歯並びが悪い、舌や舌の付け根が大きい、などです。

自宅で手軽にいびきや呼吸をチェック
自宅でも取扱い可能な検査機器を使って、普段と同じように寝ている間にできる検査です。手の指に酸素飽和度を調べる検査(パルスオキシメトリー)と鼻の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態からSASの可能性を調べます。